忍者ブログ


姫のブログ [フラメンコダンサー 時枝典子]

日々のあれこれつれづれに♪
≪09  2017/10  1 2 4 5 6 78 9 10 11 12 13 1415 16 17 18 19 20 2122 23 24 25 26 27 2829 30 31 11≫

09/04/22:14  模擬裁判

大津裁判所で先日あった模擬裁判の裁判員に選ばれた従姉妹。
今日の読売新聞の第二社会面に大きく扱われていました。
難しいよね裁判員制度。記事は突然来た「呼出状」(呼出状と言うのもなんかへんだけど・・・)
に戸惑う従姉妹の話から始まるのだけど、とても分かりやすく書かれていて読みやすかった。
しかし、他人事ではなく自分に置き換えて考えると複雑な気持ちである。
自分に来たらどうしていたかな。これが模擬ではなく本当の裁判ならどうするかな。
災難や想像もつかないとんでもないことに対しては
「私だけは大丈夫」と思っている人がかなりの割合でいると思う。私もその一人。
危機管理がうすいのかな。
裁判員候補者にも、「私は選ばれない」と根拠の全くない理由で他人事。
直面しないと真剣には考えられないのかもしれない。

笑えたのは「あ~お昼インスタントばっかりで、僕の栄養はどうしてくれる~」と3日間インスタント生活の不満を漏らしている従姉妹の子供でした。
誠知!お昼ぐらい自分で作りや!!
大知!・・・・少しはお母さんかまってあげなさい。。
PR

無題

新聞見てくれてありがとう。
緊張で重苦しい3日間だったのよ。模擬裁判とは思えないほどの被告人役の子。司法修習生らしいけど、演技上手すぎ!20歳の無職の子がタクシー強盗をして、運転手をナイフで死なせた強盗致死役でやはり親として見てしまった・・・。強盗致死は死刑か無期懲役。量刑を決めるのに一番大変だったけど、裁判員6名、裁判官3名の9名でチームを組んで色んな意見を出しながら、最終的には無期懲役の求刑に、懲役25年の判決。皆さんで納得のいく判決が出せたと思う。
今までは報道だけで、事件の重さと量刑が合わないと思うこともあったけど、いろいろな事情が絡み合ったりして、体験してみないとわからないものでした。
2年後には国民の義務になる裁判員制度、法律の知識がなくても、
裁判官が丁寧に教えてくださるので不安もなくなり、とっても貴重な体験となりました。
少なくとも裁判に関心を持つようになったわ~。
子供の昼はインスタントで、私は豪華弁当だったからねぇ、あはは。
でも誠知に言われた。「死刑はあかんよ、被告人は人を死なせたけど、死刑も同じ事をするんやから・・・」う~ん、考えさせられた・・・。
みなさんも裁判員候補者に選ばれたら、進んで参加しましょう!!
裁判所のまわしもんみたいだけど・・・・感想でした。
また集会に行くのね、気をつけてがんばってらっしゃ~い!!

Re:無題
裁判にかける日数は3日。
本番でも3日なのかな。人の一生を決めてしまう裁判に3日は短いよね。
量刑によっては裁判員にも「これで本当によかったのか」と言う思いが一生ついてまわるよね。
覚悟して裁判官になった人とはちがうからね。
やはり難しい。
2007/09/12 23:18

言い忘れ・・・

模擬裁判は全国で行われてるけど、今回私たちは主婦や自営業、サラリーマンといった広く一般から、本番と同じように選任手続から裁判判決までってのを全国で始めて行ったもので、マスコミの関心が高く、読売新聞だけ東京から記者さんが来られたんです。
あとは地方版なんだけどね。
前の日から取材を受けて、ちょっと有名人になった気分???
わざわざ滋賀くんだりまでお疲れさまでした~。
ひできさんもあちこち飛び回ってるんでしょうねぇ。
本当にお疲れさまです。
頑張ってください。

Re:言い忘れ・・・
どうして全国で初めて滋賀でやることになったのだろう。
でも、誠知の言うことは正しいのかもしれない。
ただ、当事者になれば理性でなく感情が全面に出てしまうよね。

これをきっかけに誠知は裁判官か弁護士になるって言わへん?
頑張れ受験生!!
2007/09/12 23:22
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACKBACK

TRACKBACK-URL